ローンについて

マイホーム計画

離婚をする時に問題になることの1つとして住宅ローンがあります。自分の住まいを手に入れるために物件を手に入れることは重要ですが、物件を手に入れることはローンも一緒に引き取ることになる可能性が高いからです。

簡単に申し込み

紙幣を数える手

インターネットで買い物を行なう際には、現金支払をすることは難しです。そのため、決済代行を利用して欲しい物を手に入れる人が多いです。また、決済代行は様々なところで活用することができるため、便利なサービスと言えます。

あらゆるニーズにお応えする不動産担保ローンのことならこちらにお任せください。夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。

不動産を担保

マイホームでの食卓

多くの人が金融機関から借入する際、不動産担保ローンを活用することが多いです。それは不動産担保ローンなら、物件を担保にするため支払うことができない場合でも借入した金額をとり戻すことができやすいという特徴があるからです。

申し込み

マイホームイメージ

とんとんは東和銀行のカードローンです。申し込み方法がとても簡単になるため、多くの人が利用している傾向があります。その申し込み方法はインターネットから利用ができ、携帯電話からでも可能になっています。

広い家

任意売却をする

電卓とお金

来店も口座も不要!とっても便利なカードローン・とんとんはこちらから。ウェブからもかんたんにお申込みができます。

家を買って住宅ローンを組んだものの、ローンが払えなくなった場合には、任意売却をお勧めします。この任意売却という制度は、元々は資産として不動産を購入したものの、デフレで元本割れし、ローンが不良債権化した金融機関を救済するために出来た制度でした。それまでは、ローンを払えない場合は、競売しか選択方法がありませんでしたが、この競売は、通常の不動産価格よりも安い代金で、しかも債務者側の意見が通りにくいこと、調査が入るため、近所にも知られてしまうなど、債務者に取っては不利な物でした。その一方で、本来は金融機関を救済するための任意売却が知られるようになり、専門の弁護士や司法書士、または業者に相談することで、競売よりもはるかにいい条件でできる売却方法として広まるようになりました。

相談を行う場合は、弁護士会や法テラスでも受けつけてもらえます。競売に入る前に早めに相談を行い、任意売却にこぎつけることが大事です。費用は着手金と成功報酬が、それぞれ10万円から30万円と考えてください。弁護士の場合は相談料がかかることもありますが、最近では相談料なし、またいくらか割安にしてもらえる事務所も出て来ています。専門業者は、成功報酬から収入を得ますので、基本的に無料です。今はデフレも納まりつつありますが、それでも何らかの事情で住宅を売却したい人はいますし、手元にお金が残らない競売よりも、転居資金の残る任意売却に魅力を感じる人も増えるでしょう。しかし業者に頼む場合は、あまり高額の転居資金を申し出る業者は、不利な条件で契約させることもありますので要注意です。資金はせめて30万円程度と考えておいてください。

並べる

建設中

多くの人が注目を集めてる返済方法があります。その返済方法がおまとめローンです。おまとめローンは低金利で返済することができるため、お金を借入している人の負担を減らすことができるサービスです。/p>